子どもは運動部に入れたほうがいいの?私が”クラブ教室”をおすすめする理由

参考になりましたら下のボタンで周りの方に情報をシェアしてあげて下さい

秋といえば食欲の秋、読書の秋、そしてスポーツの秋ですね。

2020年には、東京でオリンピックが開催されます。

2020年のオリンピックは自国開催ということで、日本人としてはどうしてもメダルラッシュに期待しちゃいます。

昨今は、日本人選手が世界の選手と互角に戦う・戦えるようになっていることに、日本人としての誇りを感じています。

選手がメダルを獲ると、よくテレビで、”親がその選手をどのように育ててきたのか”、ということが取り沙汰されます。

その映像を見て、

「これはうちには無理」
「これならうちでもやれそう」
「うちの子もそういう風に育てていこう!」
「うちも第二の○○選手を目指そう!」

と、親御さんたちも、様々な思いを巡らすのではないでしょうか。

「来年から子どもも中学生か~。部活は何部に入れたほうがいいんだろう。やっぱり体を動かさせたいから運動部かな~」

そう思われている親御さん、意外と多いんじゃないでしょうか。

というのも私がそうでした。

今回は、私の実体験(息子と娘)から、子ども(中学生)は運動部に入れたほうがいいのかどうか。

そして、私が”クラブ教室”をおすすめする理由についてお話していきます。

子どもは運動部に入れたほうがいいの?

子どもが中学生になった時、運動部に入れた方がいいのか。

それとも運動部に入れなくてもいいのか。

正直、どちらも正解です。

それより、“親が子どもを運動部に入れる”のではなく、”子どもが運動部に入りたいかどうか”という、子どもの気持ち・意思が大切です。

そして、親が子どもを運動部に入れた場合は、

「ここまでは頑張ってやってね」

と、目標をもたせ、やりきらせること。

また、子どもが入りたいと言って運動部に入った場合は、“自分で入ると決めたからには最後までやり通させること”が大切です。

運動部じゃない場合もそうです。

両方に共通していることは、やりきらせる・最後までやり通させるということです。

そして親は、どうやったら子どもにやりきらせることが出来るか。

どうやったら最後までやり通させるかということを真剣に考え、子どもをサポートすることが大切です。

途中で投げ出さない、逃げ出さずにやりきらせることで、将来、それが子どもの自信につながっていきます。

うちの息子は、小さい頃からスポーツが嫌いで、体育も嫌々受けています(ーー;

また、本人から話を聞くとどうやら、”人と比べられないように努力することが好きではない”ようで、また、競い合うことが嫌いなようです。

まさに”THE現代っ子”って感じです(^^;

そのため、中学は運動部に入りませんでした。

小さい頃からスポーツを避けてきたということもあり、親としてはなんとか運動部に入れたかったのですが、とにかく本人の意志が硬くお手上げでした。

しか~し!

親としては、体育の成績が5段階中1や2というのちょっと…。

ということで、テストと提出物をとにかくしっかりやらせるようにしました。

おかげ(?)で、成績は平均を維持することが出来ました。

あっ、息子の名誉のために補足を。

息子はスキップも出来るし、自転車にも普通に乗れるので、極端に運動ができないというわけではありません。

今思えば、親の勝手な思いで、無理やり息子を、嫌いな運動部に入れなくてよかったなと思います。

そして、4つ離れた下の娘。

娘の場合、体を動かす環境になんとか導き、育ててきました。

そのため、中学は運動部・陸上部に入れました。

娘は高跳びを選考したのですが、普通の中学校の部活動なので、練習量は全然足りません。

昔は中学校でも夜遅くまで練習していましたが、時代ですね~。

また、私の娘というこもあり、とにかく自分に甘い \(_ _*)mハンセイ

「上を目指し、厳しくても頑張っている人たちの中におけば、気持ちも上向きになるのでは!?」

と思い、また、高跳びという種目は、学校ではなかなか指導してもらえないということもあり、主人と話し合い、学校の部活動だけではなく、陸上のクラブ教室に入会させることにしました。

素質は別として、体格は恵まれているので、親としてはどうしても期待してしまいます。

本当は、この“親の期待”がダメなんですけどね。

でも、期待しているからといって、オリンピック選手を目指しているわけではありません。

ですが、極端に言えば、”お山の大将”ぐらいにはなってほしいかなぁって思っています。

クラスで一番、学校で一番、地域で一番とお山の大将になると、自分に自信が持てるようになります。

その自信が大人になった時、”努力した自分・頑張った自分”を見返る・思い出すことで、自分で自分を励ませることが出来ます。

今思えば、娘を、体を動かすことが好きという環境に導き、そして、運動部(陸上部)に入れてよかったなと思います。

このようにうちの場合、息子は運動部に入れない選択娘は運動部に入れる選択をしました。

今現在、どちらか一方が正解だったというわけではなく、どちらも正解だったと思っています。

大切なのは、やはり子どもの気持ち・意見を尊重することだと、私は息子・娘を育てて思いました。

私がクラブ教室をおすすめする理由

先程チラッと書きましたが、娘は陸上のクラブ教室に入れています。

大変なことも多々ありますが、今は娘を陸上クラブに入れて、本当に良かったと思っています。

皆さんにもぜひおすすめしたいぐらいです!

娘を陸上クラブに入れて、実際、私が親として感じたことをお話していきます。

名古屋にあるクラブが、今年の4月に岡崎にも出来たということで、新しいクラブということもあり、主人と相談し、娘を入れることにしました。

親としてやってあげられることは、出来る限りやってあげたいと思いからでした。

もちろん、娘はイヤイヤではありませんでした。
(ノッリノリでもなかったですが…)

娘は部活終わりで疲れて帰ってくるので、クラブの練習に行くことにブツブツ文句を言うときも…(ーー;

でも、雨と、よっぽど体調が悪い時以外は、ブツブツ言いながらもちゃんと通っています♪

娘の所属しているクラブは、人として大切な礼儀なども大切にしてくれています。

本人も意識の高い仲間の中での練習は、やっていても気持ちが入り、充実感があると言っています。

近年、体幹を鍛えることが重要だとよく言われています。

スポーツでもダンスでも、基本を大切にし、体幹を鍛え、走る・跳ぶ・投げるといった基本的な動きを大切にし、そこに時間を掛けています。

陸上クラブにはなりますが、その点(体幹)を踏まえてか、サッカーなどをやっている子もチラホラいます。

クラブには、いろんな学校の子どもたちが集まってくるので、

娘:「お母さん。クラブは、優しくイケメンな子がいっぱいいるんだよね~」

母:「ふ~ん、そうなんだ…」

母の心の声:「いやいや、そこじゃなくて…」

と思うんですが、まぁなんだかんだと彼女なりに頑張ってくれているので、今もそっとしています(^^;

子どもたちの多くは岡崎市の子で、何人か近郊の西尾の子もいたりします。

送迎はもちろん親です。

年齢は、幼稚園児・小学生・中学生と様々。

トレーニング用のハードルを使用して、重い大きめのボールを使用して、体を使って投げたり、マットの上で30秒体勢をキープして体幹を鍛えたりと、基本が一通り終わると、中学生はそれぞれの種目練習に入ります。

コーチは、

「基本、火曜日から日曜日まで、練習があれば全部参加すること」

と言いますが、娘は週3日で参加させています。

あまり無理強いさせてしまうと、嫌いになってしまいますからね。

娘はすぐに体重が増えてしまうので大変ですが、1~2kgぐらい体幹は強くなってきたと思います。

春から秋にかけてが記録会や大会なので、それがない時は、学校の部活に行き、その後、名古屋の合同練習に参加させたりもしています。

もちろん、これも送迎は親です。

春や夏前・秋には、美浜や長野で1泊2日の合宿もあります。

これは、名古屋のクラブの子と一緒にです。

これも、基本、参加ありきです。

そのため、正直、親も半端な気持ちでは難しいかもしれないです。

娘は、高跳びの記録が飛躍的に伸びたとかは残念ながらないのですが、大会が終わると審判さんに挨拶したり、最後まで残り、先生たちに教えをいただくために声をかけたりと、少しずつ、体だけではなく、心も成長している姿が見られます。

また、クラブで知り合った子たちが、会場でそれぞれの中学から出場するので、大会でも顔見知りが増え、声を掛け合ったりして、交友も広がりました。

そのおかげか、大会の場の雰囲気にも飲まれることが少ないように感じています。

このように、クラブのいいところは、運動だけではなく、人としての成長も導いてくれるところです。

また、学校単位ではなく、競技単位で知り合いが増えるので、学校という狭いコミュニティだけで物事を考えず、子どもの世界・視野が広くなります。

塾に始まり、体操に英会話、スイミングにピアノ、習字にそろばんと、今は様々な習い事があります。

習い事の選択肢の一つとして、陸上を考えてみるのもありですよ。

まとめ

正直、親のエゴで子どもを運動部に入れる場合もあるかと思います。

私も10代の頃までは、スポーツが大好きで、選抜とかには選ばれてませんでしたが、そこそこ出来た方でした。

そのため、息子や娘を運動部に入れたいという思いは、他の親御さんたちよりも強かったと思います。

でも、それではダメだということを気づかせてくれたのは、他ならぬ、運動嫌いな息子でした。

その時はちょっと寂しく感じていましたが、今となっては無理強いさせず良かったと思っています。

親として、子どもに運動をさせたいと思うのであれば、学校の部活だけではなく、陸上や体操のクラブという道もあります。

両方共、体幹を鍛える事ができるので、将来、陸上や体操だけではなく、すべての競技に通じることが出来ます。

子どもが小さいうちは、何をやりたい・やりたくない、何が好き・嫌いが、わからない子も多いかと思います。

そういった場合、今回のうちの娘もそうだったんですが、早めに親が環境を整えて、用意してあげることも大事だと思います。

そして、子どもだけではなく、親もそれによって成長することが出来る・成長するんだ!という意欲・強い気持ちも必要です。

というのも、周囲との関わりや、子ども同士の関わりなど、色々と悩むことも多く、トラブルになったりすることもあるからです。

もし、子どもをクラブに入れる場合は、そのクラブの説明会や、体験を利用して、親子、また、特に夫婦で話し合ったほうがいいです。

そして、子どもがクラブに通うことになると、送迎など、協力しなければいけないことが多くなりますので、事前に夫婦でよ~く話し合うことが非常に大切です。

半年たった今、私は、娘を入会させてよかったと思っています。

「入れなければよかった」

という、マイナスなところはないと確信しています。

でも、正直なところ、娘はどうなんでしょうかね(^^;

親として欲を言えば、高跳び意外の種目にも興味を持ち、チャレンジしてくれるといいなと思います。

でも、この”親の期待”が子どものプレッシャーになってしまうので、子どもへの期待は、私の心の内に秘めておこうと思います。

この記事を書いた人

しいの木こどもクリニックスタッフ
しいの木こどもクリニックスタッフ
看護師&医療事務。 医療従事者、医療の現場で働いているからこそお伝えできる情報があります。 少しでも皆様のお役に立てれば幸いです。 (記事は全て医師の確認後アップしています)