子どもの左利きは直したほうがいいの?左利きの息子をもつ私の体験談

参考になりましたら下のボタンで周りの方に情報をシェアしてあげて下さい

寒くなってきたこの時期は、家で遊ぶ機会が増えてきますよね。

そんな時、ふと、遊んでいる1歳の息子を見ると、車や電車のおもちゃを左手で動かしていたり、おままごとのおもちゃの包丁を左手で持ってたりと、おもちゃを持っている手が左手が多いことに気づきました。

そして、私がおもちゃを渡す時にも、子どもが左手を出してきたので、最初は

「あれ?偶然かな?」

と思いましたが、日にちが経ってもそれらは変わらず、息子はなんでも左手でやるようになっていました。

乳児の頃はまだ両手を使っていたので、利き手のことは特に気にしていませんでした。

しかし、食事のとき、確か1歳6ヶ月頃ぐらいに、子どもが自分で食べたいということでスプーンを渡したら、左手で受け取り、左手で食べていました。

このときも

「あれ?今回はたまたま左手で持ったのかな?」

「まぁいずれは右手になる(右手でもつ)だろう」

と思い、しばらく様子を見ていました。

しかし、何日経っても変わらないので、私が右手に持ち替えようとしたら

「イヤーッ!」

と怒っていまい、その後、しばらく食べなくなってしまったことを今でも覚えています。

自分も旦那さんも右利き。

また、お姉ちゃんも右利きだったということもあり、

「なんでこの子(息子)だけ左利きになっちゃうの??」

と息子が小さい頃は、どうすればいいのか本当に悩みましたね。

ということで今回は、子どもの左利きは直したほうがいいのか。

実際に左利きの息子をもつ、私の体験談を交えてお話していこうと思います。

子どもの左利きは直したほうがいいの?

子どもの左利きですが、昔は、全て右利き用の物しか販売されていませんでしたが、今は、ハサミにカッター、箸やスプーンや包丁など、左利き用のものが多く販売されています。

そのため、今は無理に直さなくてもいいと思います。

ただ、中には子どもの将来などを気にする方もいると思うので、家庭でよく話し合うといいですね。

私が子どもの頃、約40年ぐらい前は、あまり左利き用の道具がなく、左利きだと生活で不便なことがあるということで、左利きを直されたという友達がいました。

また、私も子どもの頃、食べるときや遊んでいる時、物を掴んでいるのは左手だったと父から聞いていましたが、自分の記憶ではほとんど覚えていません。

また、直されたという記憶もないので、いつの間には私は右利きになっていたようです。

うちの息子の場合、小学校の入学準備で、左利き用のハサミを購入したり、左利き用の定規を購入したりと、私が右利きが故に違い・不便さがわからず大変でした。

一番苦労したのは子ども会でのソフトボールです。

ソフトボールといえばグローブが必要ですよね。

この、左利き用・右手用のグローブの数が結構限られていて、また、良さそうなグローブがあっても

「もっと他のお店にいいのがあるんじゃないか?」

ということで、お店を一つ周り二つ周り三つ周り…と結構転々とし、2週間位かかってやっと購入したというのを覚えています。

また、教えるのも”左”のため、私はわからず、旦那さんも右利きなため上手に教えられず、両利きでどちらかといえば左利きの祖父(旦那の父親)に教えてもらって、息子は頑張って練習していましたね。

この、両利きだがどちらかといえば左利きの祖父の存在は、私達夫婦にとって本当にありがたかったですね。

右利きだと、左利きの不便さ、大変さが全くわからないので、身内に分かる人がいて本当に助かりました♪

そして、左利きの息子なんですが、字を書くことだけは右なんです。

というか、右手に直してもらいました。

小学校に入って、字を書くのも左手(まだ名前くらいしか書けませんでしたが)だったのですが、担任の先生から、

「これから習字が始まり、字を書くのは右手のほうがいいですよ」

とアドバイスされ、私はその時は左手でもいいかなと思っていたのですが、習字は左手だと書きづらいと聞いたことがあったので、一旦家族会議を開きました。

その家族会議の結果、”字を書くときの手は右手にかえる”よう、先生にお話をしました。

息子は、園ではお絵かきも名前も左手で書いていたので、急に変えられてとっても大変だったと思います。

鉛筆の持ち方から、ひらがなを書く練習が一からになるので、最初はとても苦労したみたいです。

でも息子は、嫌とは言わず、担任の先生の言うことを素直に聞いて練習していました。

(あとで先生から聞いた話ですが、時々泣いていることもあったみたいです…)

そして、なんとかその苦難を乗り越え、二学期頃(夏休みを過ぎた頃)には右手で上手に書いていました。

習字もそうですが、やはりいろんな書き物が”右利き”用になっているので、私も息子も、今となってはその担任の先生にとても感謝しています。

このように、我が家の場合は、”字の書くのだけ右”に変えました。

でも、うちはそうしただけで、別に右に変えなくてもいいと思います。

大切なのは、子どもの将来を考え、しっかり家族で話し合うということです。

まだまだ左利き用のものが全てあるというわけではありません。

また、左利き用のものは、右利き用のものに比べ、値段も高くなります。

特に、医師や美容師、トリマーなどで使用するハサミ等、専門性の高いものになればなるほど値段も高くなっていきます。

ピアノ等も、基本、右手が主旋律を弾く場合が多いので、左利きは不利と言われがちです。

このように、左利きだから大変というものが、世の中にはいろいろあります。

そういったこともしっかりと考え、家族でよく話し合って決めてくださいね。

まとめ

今回、この記事を書くに当たり、今の息子に

「左利きで何か不便なことってある?」

と聞いてみたところ、

「ご飯を食べるときの座る場所だね」

「自分の左隣の人が右利きだと、近いと肘があたって食べにくいことがある」

と言われました。

家では毎回食事をするときの座る場所が決まっているので、全然気にならなかったのですが、そういえばふと外食をする時、どこに座るのか迷うことがたびたびありました。

昔は子どもがまだ小さくて、座る場所なんてどこでもよかったんですけどね。

今は息子、私と身長が一緒ぐらいになり、体も大きくなって、ほぼ大人と変わらないくらいに成長したので、座る場所・席もちゃんと考えるようになりました。

身内で集まったときは、息子と祖父(左利き)を隣同士にして、二人を1番左端と2番目の左端に座らせるようにといつもちゃんと考えていますよ♪

その他には

「自動販売機でコインを入れるとき(今だと電子マネーをタッチする場所)」

「駅の改札口のきっぷを入れるとき(今だと交通系カードをタッチする場所)」

などなど、細かいところを見るとまだ不便なこともあって、とまどうこともあるけれど、それなりに自分で考えてやっており、今は何不自由なく過ごしています。

今は左利き用の道具が増えて、私の子どものときと比べると便利になってきたので、そこまで苦労することはなくなってきています。

正直、全て左利きから右利きに直すというのは難しいと思います。

いざ自分が、今の右利きからすべて左利きにすると考えてもらえれば、その難しさ・大変さがわかるかと思います。

それを、まだ何もわからない、小さい子どもにやらせるべきなのか。

その分野、○○だけ右にするというのはいいとしても、全て左利きから右利きに矯正するというのは、私は実際左利きの息子を育ててきて、それはちょっとどうなのかなと思います。

無理に治す必要はないと思いますが、子どもの将来のことなどいろんなことを考えて、家族でしっかりと話し合って決めることをおすすめします。

この記事を書いた人

しいの木こどもクリニックスタッフ
しいの木こどもクリニックスタッフ
看護師&医療事務。 医療従事者、医療の現場で働いているからこそお伝えできる情報があります。 少しでも皆様のお役に立てれば幸いです。 (記事は全て医師の確認後アップしています)