子どもの目やにが多いのはなんで?対処法や何か気を付けることってある?

参考になりましたら下のボタンで周りの方に情報をシェアしてあげて下さい

「あれ?さっきとったと思ったらまた目やにが。子どもの目やにってなんか多いなぁ」

そう感じたこと、ありませんか?

「朝起きた時、子どもの目がカピカピで…」

そう言われる方も結構いらっしゃいます。

当院・しいの木こどもクリニックでは、目やにに関しては、年中よく聞かれる質問の一つです。

私たち大人は、こんなに多くの目やにが出ることはないのに、どうして子どもはこんなにも目やにが出るのでしょうか?

また、あまりにも目やにが多いと

「これ、子どもの目って問題ない(大丈夫なの)かな?」

と、心配になる方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、子どもの目やにが多い原因・理由についてや、対処法・気を付けることについてお話していきます。

子どもの目やにが多いのはなんで?

子どもの目やにが多いのは、目ではなく、鼻・鼻づまりに関係があります。

目と鼻の間には、涙を目から鼻に流すための『鼻涙管(びるいかん)』という管があるのですが、鼻がつまると、この鼻涙管も一緒につまってしまい、涙が鼻のほうへ、うまく流れなくなってしまいます。

すると、その涙が逆流して、目やにになってしまうんです。

そのため、特に小さい子どもの場合は、顔がまだ小さく、鼻涙管も細いので詰まりやすいんですね。

鼻づまりが良くならないと、なかなか目やにはよくならないことが多いですね。

また、”朝起きた時に目やにで目がカピカピ”とか、”目やにで目が開かない”ということもよくありますよね。

起きている時は目が開いているので、涙が蒸発し、涙の量が減ります。

また、起きている時はまばたきをするので、涙を押し込みやすくなります。

しかし、寝ている時は、目が閉じているので涙は蒸発しないし、まばたきもしないので涙を押し込むということができません

そのため、起きている時のように涙が鼻涙管に流れていかずに溜まり、目やにが出やすくなってしまいます。

成長するにしたがって、顔も大きくなり、鼻涙管も太く、通り道が広がってくるので、だんだんと目やにも出にくくなってきます。

しかし、ごく一部ですが『鼻涙管閉塞(びるいかんへいそく)』という、鼻涙管がずっと閉じたままの病気もありますので、

「産まれた時から常に涙や目やにが多い」

「成長しても良くならない」

という場合は、一度眼科を受診することをおすすめします。

子どもの目やにで気を付けることって?

子どもの目やにで気をつけることは、目やにを取る時・取る方法です。

目やにだけで目の病気になることはありません。

しかし、目やにが気になり、目を擦ったり触ったりしていると、手についている菌が、目やにをエサにして増えてしまい『細菌性結膜炎(さいきんせいけつまくえん)』という、目の充血や痒みが出る病気になってしまうことがあります。

そのため、目やにが多い時には、結膜炎になるのを防ぐために、抗生剤の入った目薬が処方される場合もあります。

まれに、

「(処方された)目薬を使っているんですが、子どもの目やにが全然良くならないですけど」

と、おっしゃられる親御さんもみえますが、この目薬は、目やにを減らす目薬ではありません。

先ほどお伝えした通り、基本的に目やには、鼻づまりがよくならないと治らないということを、覚えておいてもらえればと思います。

また、”目やにが多くてカピカピしている”、”起きた時に目が開かない”という場合は、濡らした清潔なガーゼなどで拭き取ってあげてください。

目やにをきれいに全部取るのではなく、拭き取れる範囲で大丈夫です。

きれいにしようとし、あまりゴシゴシとしてしまうと、子どもの目を傷つけてしまう恐れがあるので、拭き取れる範囲を優しく拭いてあげてくださいね。

子どもの目やにをなくすというお薬はありませんが、鼻の症状をよくしたり、結膜炎にならないように予防するお薬はありますので、気になる時はクリニックを受診してくださいね。

「目ヤニが出ているだけだし、こんなことで受診するのは…」

なんて思わなくて大丈夫ですからね。

まとめ

子どもはまだ顔も小さいので、鼻づまりや、目やにの症状が出ることは結構あります。

症状にもよりますが、薬を使ったほうが早くよくなる場合もあるので、気になる時は受診してくださいね。

今回は、子どもの目やにについてのお話でしたが、目やに以外でも、

「これって普通なの?それとも病気なの?」

と、子育てをしていて、気にあることはたくさんあると思います。

そういう親御さんのモヤモヤを解消するためにも、ぜひ小児科を受診してください。

もっと”子育てのために、小児科を活用(利用)”してくださいね。

この記事を書いた人

しいの木こどもクリニックスタッフ
しいの木こどもクリニックスタッフ
看護師&医療事務。 医療従事者、医療の現場で働いているからこそお伝えできる情報があります。 少しでも皆様のお役に立てれば幸いです。 (記事は全て医師の確認後アップしています)