小さい子どもと一緒にDisneyって楽しめるの?私のおすすめする持ち物

参考になりましたら下のボタンで周りの方に情報をシェアしてあげて下さい

夢の国『Disneyland』。

私はDisneyが大好きで、今の旦那さんと付き合っている時も、めちゃくちゃDisneyへ行っていました。

そして月日は流れ、結婚・妊娠し、第一子が産まれました。

Disney好きの私でも、さすがに妊娠中や子どもが産まれたばかりの頃は行きませんでした。

しかし、子どもの首が座り、おすわりが出来るようになり、はいはいをするようになり、たっちできるようになりと、どんどん子どもが成長するにつれ、

「これ、子ども連れのDisneyって、いつからデビューしてもいいんだろう(大丈夫なんだろう)」

「小さい子どもと一緒にDisneyへ行っても楽しめるのかな?」

という疑問が湧くようになりました。

付き合ってる時、二人の時は、あっちこっちと走り回っていたんですが、小さい子どもがいるとなるとそうはいきません。

「小さい子どもを一日外を連れ出すのはかわいそうかな?」

「これ(子どもと一緒にDisneyへ行くこと)って親の自己満足なのかな?」

「乗れるアトラクションも限られてくるし、高いお金払って自分も楽しめるのかな?」

「持ち物って何を持っていけばいいんだろう?」

などなど、様々な疑問や不安が、頭の中をぐるぐる回りました。

そう色々と悩んだ結果、私が子ども(息子)と一緒に初めてDisneyデビューしたのは、子どもが1歳半の時でした。

私と同じようにDisney好きな方で、同じように悩んでいる妊婦さん、お母さんって結構いるんじゃないでしょうか。

ということで今回は、小さい子どもと一緒にDisneyへ行っても楽しめるのかどうか。

そして、子ども連れのDisneyで、

「あっ、これあったほうがいいかもね」

という、私のおすすめする持ち物をご紹介していきます。

小さい子どもと一緒にDisneyへ行っても楽しめるの?

結論から言うと、めちゃくちゃ楽しめます!

冒頭でもお話したとおり、正直、行くまでは不安でした。

しかし、二人で行っていた時とは全然違う、二人の時では味わうことの出来なかったDisneyを体験でき、ものすごく楽しむことができました。

一つには、アトラクションです。

二人のときだと、ビッグサンダー・マウンテンに乗って、スプラッシュ・マウンテンに乗って、スペース・マウンテンに乗って…と、マウンテンをはしご。

「次何乗る?もう1回○○マウンテン乗る?」

と、とにかく乗り物に乗りまくっていましたね。

でも、子どもが一緒だとそうはいきません。

子どもが1歳半ということもあり、乗れるアトラクションが限られてしまいます。
(ディズニーランドはかなり制限されないほうだと思います)

でも、だからこそなんです!

「1歳半の子どもと一緒に乗れる乗り物は…。ホーンテッド・マンションは子どもが怖がりそうだし…。イッツ・ア・スモールワールドとか、ウエスタンリバー鉄道とかなら楽しんでくれるかな?」

と、二人だった時には絶対に乗らないであろうアトラクションに乗るんですよね。

というか、大人二人でウエスタンリバー鉄道はちょっと…ですよね(^^;

そして、これがまぁ私達親も童心に返って、結構楽しいんですよね。

まさにこれは、小さい子どもと一緒にDisneyへ行ったからこそ経験できた・楽しめたことです。

そしてもう一つは、パレードです。

本当は、パレードをじっくり見て楽しみたいところですが、岡崎(愛知県)に住んでいると、

「たまにしかDisney来れないんだから、いろんな乗り物に乗らなくちゃ!」

ってなりがちで、パレードはスルーしがちです。

しかし、小さい子どもが一緒だと

「子どもにパレードを見せてあげたい!子どもと一緒にパレードを楽しもう♪」

ってなるんですよね。

そして、そのパレードのクオリティ・凄さに感動しましたね。

それと同時に

「なんで今までスルーしてたんだろう…」

って思いましたね(_ _ 😉

そして、子どもと一緒にDisneyへ行って、私が本当に楽しかった・嬉しかったのは、”子どもの喜ぶ顔が見れた”からです。

子どもの喜ぶ顔がこんなにも嬉しいのかと、正直自分でもびっくりしました。

パーク内で流れている音楽に合わせ、リズムをとって体を動かし、ニコニコしている子ども。

まだ1歳半だったということもあり、その様子を見て、”子どもの成長”を感じることが出来、また幸せを感じ、なんだかとても嬉しかったことが印象に残っています。

このように、小さい子どもと一緒にDisneyへ行ったからこそ楽しめる、感じれることって色々あります。

二人のときとは違うDisneyの楽しさも発見できたし、正直、二人のときより数倍楽しめましたね。

「子どもは小さいから覚えていない。思い出に残らない」

というような声も一部あるようですが、行こうかどうか悩んでいるのなら、”親の自己満足でもいい”ので、行くことをおすすめします。

小さい子ども連れDisneyでの私のおすすめする持ち物

小さい子どもを連れてDisneyに行く時、”何をどこまで持っていけばいいのか”、持ち物が気になりますよね。

DisneyのHPにも持ち物リストがあるんですが、実際私が持って行って良かった物、持っていったほうがいいおすすめの持ち物等をご紹介していきます。

■ベビーカー

レンタルもあるんですが、ベビーカーはパーク内のみの使用なんです。

そのため、車でDisneyへ行った場合、車からパークまで荷物を運ぶのが大変です。

またその逆、帰りの際、ベビーカーに積んでいた荷物を、パークから車までベビーカー無しで運ばなければいけません。

そしてもう一つ。

アトラクションに乗った後、レンタルしたベビーカーだと、どれが自分のか、見つけるのが大変なときがあります。

というのも、アトラクションに乗っている間に、ご丁寧にベビーカーを並べてくれるので、乗る前に置いたところにベビーカーがないんです。

その点、自分のベビーカーだと見つけやすいので、ベビーカーは持っていくことをおすすめします。

もしレンタルする場合は、ひと目が違いがわかるよう、なにか派手なものをベビーカーにつけることをおすすめします。

■バスタオル(タオルケット)

保温という点ではブランケットのほうがいいんですが、バスタオルの場合、ゲリラ豪雨など突然雨が降ってきた時、一時的にカッパの代わりにもなるので、バスタオルやタオルケットといった、吸湿性のもののほうがいろいろ代用が効くのでおすすめです。

■レジャーシート

パレードは、パレード開始1時間前から場所取りが出来るので、レジャーシートは場所取り用に必須です。

■替えの靴

ゲリラ豪雨などもそうですが、雨が降った時、必ずと言っていいほど子どもは水たまりに入ります(ーー;

靴って結構かさばり、また意外と重たいので、履いていく靴もそうですが、替えの靴も軽めの靴をおすすめします。

■ポップコーンバケット

毎回持っていかなきゃと思いつつも忘れがちなのがこのポップコーンバケットです。

まっ、わざと持っていかずに、記念・お土産に現地で毎回買うというのもありかもしれません。

あと、乗り物に待ち時間はつきものです。

その待ち時間に、子どものおやつがないと、子どもがグズリ一大事です!

子どもの年齢にもよりますが、とりあえず子どもにポップコーンを食べさせておけば、一時的に凌ぐことが出来るのでおすすめです。

■カイロ(冬)

貼るタイプの物もありますが、低温やけどの心配があるので、普通のカイロのほうがおすすめです。

■耳あてや手袋(冬)

肌が露出していると、体感温度が全然違うので、耳あてや手袋、大人は更にマフラーがあってもいいですね。

■保冷バッグ(夏)

夏は、下(アスファルト)からの照り返しがすごいです。

ベビーカーに乗った子どもに、凍らせたペットボトルを持たせることで体が冷え、ちょっとした熱中症対策になります。

パッと思いつくのではこれぐらいでしょうか。

あとは、”ノースリーブは直で肩に日が当たってしまうので、必ず薄手のタオル等をかける”など、細かいことを上げればまだまだ出てきます♪

バスタオルとかは現地で買うことも出来るんですが、新品だと吸水性が悪かったりするので、やっぱり持っていったほうがいいですね。

あと、まだ子どもが離乳食の場合は離乳食も持っていくといいですね。

うちの子は普通食だったんですが、その場合、子どもが食べられる店・あまり味の濃くない店を事前に探しておくといいですね。

このように、小さい子ども連れのDisneyでの、私のおすすめする持ち物をご紹介していきましたが、まずは『Disney Mama Style』を見ることをおすすめします。

Disney Mama Style

ここで、どんなサービスがあるのか、子どもと一緒にどんな乗り物に乗れるのか、どんな物が買えるのか、どんな食事のお店があるのかなどなど事前に調べておくと、当日楽かもしれません。

『Disney Mama Style』のページを見られた方はわかると思うんですが、他の観光スポット、アミューズメント施設とは違い、Disneyは小さい子どもと一緒に来ることを想定しています。

そのため、結構なんでもパーク内で売っているので、

「持ち物どうしようこうしよう」

と、あまり悩みすぎる必要はないと思います。

でも、使い勝手の問題だったり、あと、ちょっと料金がね…。

そこでお金を使うんだったら、思い出の品を買ったり、その分お土産に使ったほうがいいかなって私は思います。

「うち、年子だったから、おむつ圧縮袋に入れて、圧縮掛けて持っていったよ」

という知り合いもいます。

一人ならまだしも二人となると、おむつ代って結構バカにならないですからね(^^;

このように、子どもの年齢だったり人数だったり、また季節だったりで、持ち物っていろいろ変わってきます。

その上で、どんな物を持っていくのか、今回の私の事例を参考にしていただければと思います。

もちろん、ほぼ全て現地で調達できるので、『Disney Mama Style』のページを見て下調べをし、あまり考えずに手ぶらに近い状態で行くというもありですよ♪

まとめ

『お母さんも育児をしながら楽しんで欲しい!』

という思いから、今回私はこの記事を書くことにしました。

子育てが始まると、基本、”子どもの行きたいところへ行く”、”子どもが楽しめるところへ行く”という、子どもベースの旅行になりませんでしょうか。

もちろん、その時の子どもの楽しそうな笑顔を見て、私達親も嬉しくなります。

でも、たまにはお母さんベース、お母さんが行きたいところへ皆で旅行をするっていうのもいいんじゃないでしょうか。

例えば温泉とか。

アミューズメントパークに比べれば、きっと、子どもはつまらないと思います。

でも、温泉だから楽しめることってあると思うんですよね、

温泉にゆったりつかったり、部屋でのんびりしたりと、たまにはお母さんが喜ぶことをするのもありなんじゃないでしょうか。

それがまた明日からの活力になりますしね♪

今回は、私の大好きなDisneyを例に挙げさせてもらいましたが、子どもと一緒だったらどこへ行っても楽しめます。

行こうかどうか迷ってるのだったら、”行く”の一択ですよ♪

この記事を書いた人

しいの木こどもクリニックスタッフ
しいの木こどもクリニックスタッフ
看護師&医療事務。 医療従事者、医療の現場で働いているからこそお伝えできる情報があります。 少しでも皆様のお役に立てれば幸いです。 (記事は全て医師の確認後アップしています)