夏休みの自由研究は1日で簡単に出来る!小学生の子どもを持つ親御さん必見!

参考になりましたら下のボタンで周りの方に情報をシェアしてあげて下さい

子どもにとっては嬉しい、長い長~い夏休み。

ただでさえ暑いのに、子どもの宿題の進み具合で、私たち親の体温(特に頭)も上昇しちゃいますよね(ーー;

「あれだけ早くやっちゃいなさいって言ったのに…」

「ホント、毎年毎年…」

って、きっとうちだけじゃないですよね(願)

その宿題で一番頭を抱えるのは、何と言っても『自由研究』じゃないでしょうか。

うちは、ドリルとかはチャッチャと終わらすんですが、自由研究などのボスというか、大物というか、それらを残す癖があるんですよね。

そのためうちは『素晴らしい賞』を目指すのではなく、『9月1日に提出!』を目標に毎年奮闘しています(^^;

本当は『素晴らしい賞』を目指してほしいんですけどね。

なかなかね…。

ということで今回は、そんな私たち親子で頑張った(といっても1日で簡単にですが)、自由研究をご紹介していきます。

1日で簡単に出来る、小学生の夏休みの自由研究(イースト菌篇)

自由研究

まず、一つ目にご紹介する我が家で奮闘した夏休みの自由研究は、パン作りに使うイースト菌と飲み物を使って、『膨らみ方でどの飲み物に多くの糖分が含まれているのか』を調べる実験です。

飲み物の種類が多いに越したことはないんですが、差を見るということで、水といろんな種類のジュース3・4本程あれば十分です。

まずは、ポリ袋に飲み物とイースト菌を入れ、よく揉み、溶かします。

そして、一定の温度に保ったお湯にそのポリ袋を入れて、ポリ袋の膨らみ具合を観察するという実験です。

我が家では、30分~1時間を目安に実験を行ったんですが、その実験自体は簡単だったんですが、その前の準備がまぁ大変でした。

実験では、イースト菌を10g用意するんですが、うちにある量りでは、そこまで細かいのが量れなかったので、微妙な針の動きを見極め、イースト菌を10g用意しました。

あれは職人技でしたね~。

そして、お湯を一定の温度に保たなければいけないので、温度計が必要なんですが、その温度計。

夏休みに入る前は、100均にたくさん売っていたんですが、夏休みも後半になると品切れする店が続出。

やっぱり夏休みの宿題で、結構皆さん使われてるんですかね?

温度計一つのために、100均を何件も何件もはしごするのはちょっと…。

ということでうちの場合、仕方なく、キッチン用品コーナーで、100円じゃなく、ちょっと高めの温度計を買うことになってしまいました(T^T)

『実験グッズは早めに用意すること』と、この時はいい勉強になりました。

実験としては、袋がパンパンに膨らんできて、大人が見てても結構面白いものでしたよ。

1日で簡単に出来る、小学生の夏休みの自由研究(飲み物の層作り篇)

次に紹介するのは飲み物の層作りです。

簡単に言うと、『比重が目で見える』という実験です。

やり方としては、透明のグラスにティーパックの紅茶で色を付けてガムシロ(ガムシロップ)を入れ、ガムシロと紅茶の層の分離を見ます。

1時間を目安に、10分・20分・30分と、経過を観察したんですが、

「時間を計って観察をしたことがないのか?」

というぐらい娘が全く時間を気にせず、紅茶を作ってガムシロ入れたらはい終わりみたいな(ーー;

「それでどうやってまとめるんだ~~!!」

と、私一人で腹を立てつつ、写真を撮り、コメントを考えました。

こういった経過観察は、忍耐力が必要なので、”親子で一緒に楽しく”っていうのは、うちでは夢のまた夢だなぁって思った実験でした。

実験としては、層がきれいに分かれて、”なんかちゃんと自由研究やってる”って感じでした♪

まとめ

2年ほど前、子どもが

「この自由研究は、お父さんやお母さんがやれって言った」

みたいなことを言い出したので、それからは、本屋に並んだ自由研究の本を購入するようにし、子どもに

「この中で気になったのを選びなさい」

と言って、子どもに自由研究を選ばせるようにしました。

子ども自身に選ばせると、ちょっと…いや、ほんのちょっとですが、やらされ感がなくなったように思います。

私の気のせいかもしれませんが(ーー;

自由研究って、自由な研究なので、簡単なようで難しいんですよね。

なのでうちでは、『最初から誰もやっていない自由研究をやる』なんてことは考えず、『本で紹介されている実験をやって、本当に自分達でやっても同じようになるのか』っていう考えで最近は自由研究をやっています。

結構、実験結果が同じようになると嬉しいものです。

「こんなこと、私が子どもの頃にやれてたら良かったなぁ」

って思い、今は子どもと一緒に楽しくやることが出来るようになりました。

でも、いつの時代も

自由研究って親の宿題のような気がするんですが(ーー;

この一文を読んで、きっと多くの親御さんが

「うんうん。そうそう。うちもうちも」

と、思ってくれていることを願うばかりです(笑)

まっ、視点を変えて『自由研究は親と子どもの夏休みの思い出づくり』だと思えば、楽しく出来るもんです。

忍耐と寛容が必要ですけどね(^^;

夏休みに家族で日帰り旅行!東海地方のおすすめスポット!

この記事を書いた人

しいの木こどもクリニックスタッフ
しいの木こどもクリニックスタッフ
看護師&医療事務。 医療従事者、医療の現場で働いているからこそお伝えできる情報があります。 少しでも皆様のお役に立てれば幸いです。 (記事は全て医師の確認後アップしています)